シボヘールはお腹の脂肪を減らすのを助けます!

シボヘールで下腹ポッコリを解消!   口コミと効果を検証しました

イソフラボン(葛の花由来)がなぜ脂肪を減らす効果があるのでしょうか?

投稿日:

今注目されているのがイソフラボンという成分、
このイソフラボンは昔からダイエットに効果のあるものとして注目されていました。
そもそもイソフラボンは大豆に含まれレいることは知られていましたが、
その大豆科の植物である葛にも、
しかもその葛の花にダイエットに効果のあるイソフラボンが効果があることがわかったのです。

この葛の花由来のイソフラボンには特にお腹の脂肪を落とす効果が高いこともわかり、
シボヘールと言う機能性表示食品が開発されたという訳なんです。

次にこの葛の花由来のイソフラボン持つ大きな効果について紹介します。

やはりなんといってもこの葛の花由来イソフラボンの大きな特徴としては、
「脂肪の合成を抑制する」ということです。

若い頃には基礎代謝もあり、体に取り入れたエネルギーは自分の体の中で消費できていましたが、
だんだん年を取るにつれて基礎代謝が落ち、
体の中に入ってきたエネルギーのすべてを消費することもできなくなると、
そのエネルギーは肝臓へと運ばれます。

そして肝臓に運ばれたエネルギーはそこで中性脂肪に合成されて
蓄積されてしまうということなんです。

このときの中性脂肪合成阻害の役目を、
葛の花由来イソフラボンが果たすことで、
中性脂肪の量を減らすことができるのです。

またお腹周りなどにたまった脂肪を減らすには、
脂肪を燃焼させなくてはなりませんよね。
脂肪燃焼ということは脂肪を脂肪酸というものに分解するということなのですが、
この脂肪の分解をしやすくしてくれるのもこの葛の花由来イソフラボンの特徴なのです。
つまり「脂肪の分解サポート」が二つ目の大きな特徴と言えます。

これまでのように葛の花由来イソフラボンは、脂肪合成抑制、
そして脂肪分解サポートというように、
脂肪を減らす役目に大きく貢献しています。

最後に最も大きな特徴として、
「脂肪燃焼サポート」があります。
脂肪を燃焼するということはそうたやすいことではありません、
脂肪を燃焼するときに必ず必要となるのが褐色脂肪細胞というものです。
この褐色脂肪細胞は脂肪を減らすには欠かせない細胞なのですが、
この細胞は歳を重ねる毎に減ってきてしまい、
脂肪がつきやすい体質となるのです。
しかし葛の花由来イソフラボンはこの褐色脂肪細胞働きである脂肪燃焼をサポートしてくれるんです。

このように葛の花由来のイソフラボンは、
脂肪減少にとっていいことづくめ。
その臨床試験結果でも、
お腹のちょっと太めの人30人位を集めて実施した12週間の臨床試験結果においても、
なんと、平均でお腹周りの脂肪が20平方㎝も減ったという結果が出たんです。

ちなみにこの臨床試験ではイソフラボンの成分である葛の花由来イソフラボンの摂取に加えて、
多少のカロリー制限と毎日の歩行運動も条件としています。
これは日常生活においては一般の人であれば
これくらいの制限と運動はするであろうということで取り入れているものであって、
何もせずにシボヘールだけを飲んでも痩せることは難しいという実験でもあります。
でもバランスの良い食生活と軽い運動をシボヘールを併用することによって、
より脂肪減少という効果も期待できるものとして評価できるのではないでしょうか。

-未分類

Copyright© シボヘールで下腹ポッコリを解消!   口コミと効果を検証しました , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.